ナンパの難易度を考える!渋谷や新宿のストナンの成功率とは

ナンパの難易度を考えてみる

ネット
ストリートナンパ
テレクラ
カフェなどの店舗ナンパ
出会い系パーティ

そんなところがあります。

それぞれを考えてみましょう。

 

ネットナンパというのはどうか

以前は、ネットナンパと言えば掲示板や無料出会い系がメインだったように思います。
しかし、今では非効率的ということで有料出会い系がメインとなっています。

その中で下記のような流れが多い

定額課金出会い系サイト
従量制課金出会い系サイト
フェイスブックアプリ系出会い系サイト
お見合い系サイト
コミュニティ系サイト

こういったものがあります。
その中で、一番効果があると今はフェイスブックアプリ系がいわれています。

しかし、こっちが面倒なのはフェイスブックのアカウントをしっかりと作っておく必要があります。
大体は、見せて欲しいとか。

フェイスブック上でのやり取りを希望する人も多い。
もちろん、そこそこ更新をして自分が相手のイメージと合致していることを示す必要があります。

そして、効率的であることは言うまでもありません。

 

ストリートナンパ

これは最近はやっている人が少ないと言っていいでしょう。
確かにヴィジュアルが良い人には最適な方法です。

ただ、人と接することが苦手ならかなり厳しい。
メインとしては渋谷や新宿が多い。

こういった場所でやるなら、相当考えて行う必要がある。
基本的な自分のポテンシャル次第だと言っていいでしょう。

 

テレクラ

意外に思われるでしょうが、テレクラは穴場。
今や、昔の出会いの場所という感じでしょうが未だ死んでいません。

ただ、なかなか援助という感じが強く厳しい面があります。
最近は不倫という面でも注目をされています。

料金が他よりも圧倒的に高いので個人的には金がかかりそうで嫌という人が多いと思っています。

今まではそう感じなかったのですが、最近は他のコストが安いからという部分が大きいです。

 

店舗ナンパ

カフェなどでナンパをする人が多いです。
店でナンパをすることです。

店員をナンパするという人が多いですね。
ファミレスなどもそうです。

ただ、最近は綺麗な女子が多いという店は少ないです。
それが一番の問題です。

マックですらも学生の若い女性は少なくなった気がします。
逆に外国人が多いですね。

狙い目はスタバでしょうか。

 

出会い系パーティー

これはハードルが高いですが、マッチングする時のストレスが無い。
ストナンという場合は、ダメな時の悪い流れがあります。

それにより断られてストレスを感じることが多いと思います。

これがあるか、ないかです。


コメントは利用できません。


ランキング


おすすめ記事