簡単にセフレを継続的に探す方法と男女の視点の違い

男女間の違いとターゲットを理解をしよう

男女でそもそも違いがある。
その一つが女性は、それほど多くないということ。

不倫相手探しの掲示板やセフレ探しという掲示板など確かにあります。
ありますが、しかし。

全然数が違います。
男はどっちかと言えば、そういったことにドンドンと攻めるタイプが多いでしょう。

でも、まともな女性はそんなに多くはない。
その理由は怖いというのがあります。

一体、どんな男がここにいるのか。
そんな恐怖感もあり、女性側は多くないのです。

しかし、同時にセフレを探している女性がいるのも事実。

では、どうやったらいいのか。

 

まず、オブラートにうつつむサイトを

女性も深層心理としては、そういった相手を探していることはあります。
ありますが・・・。

同時に、無料掲示板などは利用をしません。
有料サイトが今や主戦場です。

一つは身元確認をしている。
ご存知でしょうが、出会い系サイトは最近は身元確認必須です。

これをしていないと違法なので、サイトは摘発をされます。
よって、身元確認をされているので一応安心ということ。

次に、写真を掲載をしている。
やり取りがサイト内で最初を行うので便利ということもあります。

最初から直メなどでは怖い。
LINEだって、同じことです。

ブロックをされても、結局は嫌な思いをすることもあります。
特に男性は時間を無駄にすることが多い。

これをなんとか、効率的に行うことが大前提なのです。

 

女性がもし、探している場合

一応、当サイトは男性対象としています。
ただ、女性も訪問されるかもしれないのでまとめてみます。

女性の場合、一番重要なのはほとんどのサイトは無料だということ。
男性が負担をするのが常です。

よって、無料掲示板などは利用は怖いので止めた方が懸命。
逆に男性の写真やプロフィールなどが全部見れるわけです。

これで、少しは安心ではないでしょうか。

こういったことを考えて、しっかりと対応することの方がトラブルがありません。
特に、既婚女性の場合はなおさら。

やっぱり、性病の問題も含めて少し考えて対応をした方が無難でしょう。

 

今、もっとも会えるエロ目的のサイトとは

一つはフェイスブックのアプリです。
この出会い系アプリ、使えますが同時にセフレというのはNG。

どっちかと言えば、婚活サイトという感じです。

そして、ダイレクトに探せるのが出会い系コミュニティサイト。

こういったサイトは運営母体がテレクラ運営をしていたりします。
よって、集客ノウハウがあるというのが特徴。

渋谷や池袋の街を歩いていて、看板広告を見たことがあるのは一度や二度ではないはずです。

広告展開により、幅広い男女が集まるのでチャンスが多いです。


コメントは利用できません。

関連記事


ランキング


おすすめ記事